貸切バスの料金について

1.貸切バスの料金はどうやって決まる?

バス料金計算の4つのポイント

貸切バスの料金は「車種」、「旅行の時期」、「利用時間」、「走行距離」、その他の要素により計算します。

①車種

①車種

貸切バスの料金は、大型バス>中型バス>小型バス=マイクロバスの順に安くなります。
車種により席数やトランクの容量、装備も異なりますので、人数やお荷物の量など、ご希望の条件から車種をお決めください。

バスの種類について>>

②旅行の時期

②旅行の時期

繁忙期は通常期や閑散期に比べて料金が割高になる傾向があります。コスト優先なら閑散期がおすすめです。

  • ・繁忙期…5月後半~6月、8月前半、10~11月
  • ・通常期…3~5月前半、7月、8月後半~9月
  • ・閑散期…1~2月、12月

③利用時間

③利用時間

「お客様が利用する時間」、「車庫~配車地間の移動時間」、「車庫での点呼の時間」を足した時間がバス料金を計算する際の時間となります。配車地から近いバス会社ほど時間は短くなるので、結果、料金も安くなります。

④走行距離

④走行距離

「お客様が移動する距離」、「車庫~配車地間の移動距離」を足した距離がバス料金を計算する際の時間となります。配車地から近いバス会社ほど距離は短くなるので、結果、料金も安くなります。

2.貸切バスの料金に含む/含まれないもの

運転手代、ガソリン代は原則込み

上記基準から計算したバス料金には、以下の「含まれるもの」の項目が含まれています。それに加えて、行程・ご希望により別途料金が加算されます。

含まれるもの 含まれないもの
  • ・車両の貸切料金
  • ・乗務員(運転手)
  • ・ガソリン代
  • ・バス会社がかける保険
  • ・高速道路代
  • ・駐車場代
  • ・乗務員の宿泊代
  • ・宿泊時の乗務員食事代
  • ・オプション装備
参考:「運転手付きの料金は?」 運転手付きの貸切バスはいくら?

「運転手付きで見積もりお願いします」、「運転手代はいくらですか?」

意外と多いこの質問ですが、貸切バスは全て運転手付きとなっております。そのため、貸切バス代は運転手代込みが前提です。

バスのみのレンタルはレンタカー屋さんの管轄となります。その場合、借りれるバスタイプはマイクロバスのみ。道路運送法上、中型・大型バスはレンタカーとして利用できません。

3.オプション装備の料金

オプション 追加料金(税込)
トイレ付きバス 11,000円~
回転サロンシート 0円~
バスガイド 11,000円~
ゆったりシート 11,000円~
リフト 11,000円~

※上記は1日当たりの料金です。
※発着地域により手配ができないオプションがございますので、適宜お問合せ下さい。
※バス会社や出発時期により料金が変動しますので目安としてご覧ください。

4.貸切バスの料金例

【片道送迎】利用1時間、走行距離30kmの場合
バスタイプ(正席数) バス料金 (税込)
大型(40~) 37,000円~50,000円
中型(27) 31,000円~45,000円
小型(19~) 27,000円~40,000円
【日帰り】利用5時間、走行距離50kmの場合
バスタイプ(正席数) バス料金 (税込)
大型(40~) 62,000円~90,000円
中型(27) 53,000円~80,000円
小型(19~) 46,000円~80,000円
【日帰り】利用9時間、走行距離200kmの場合
バスタイプ(正席数) バス料金(税込)
大型(40~) 108,000円~130,000円
中型(27) 90,000円~110,000円
小型(19~) 79,000円~100,000円

※例は全てバスのみの料金です。それ以外にかかる諸費用は別途必要となります。(「バスの料金に含まれるもの/含まれないもの」を参照)

※手配時期やバス会社により料金は変わりますのであくまで参考としてご覧ください。

5.取消料金(キャンセル料)について

取消料金(一般貸切旅客自動車運送事業標準運送約款より)
取消日 取消料金
出発日の20日前~8日前 バス料金の20%
7日前~配車日時の24時間前 バス料金の30%
配車の24時間前~配車時間 バス料金の50%
配車後 バス料金の100%

※上記は貸切バスのみの取消料金です。宿や施設の手配もしている場合は別途各施設の定める約款、もしくは旅行業約款の定める取消料金を参照ください。

6.よくある質問

Q大型バスの1日の料金はいくら?

A同じ1日でも「1月に片道50㎞・15時帰着」と「11月に片道200㎞・19時帰着」では7~9万円の差があります。大体でいいので「いつ頃、例えば○行きで、〇時頃に出て、〇時頃着」と言っていただければ概算が出せます。


Q小型バスとマイクロバスならどちらが安い?

A同じです。設備が異なるので別車種として扱われることもありますが、マイクロバスは小型バスの一車種なので料金は小型バスとして計算します。


Q大型1台と小型2台ならどちらが安い?

A大型バス1台の方が安くなります。同じ行程で小型バスや中型バスが大型バスの料金の半額以下になることはありません。台数が少ない形が一番安くなります。


Q回送料金とは何ですか?

A車庫から配車地までに利用する高速道路代や、片道利用の場合にお客様降車後に現地から車庫へ帰庫する際に利用する高速道路代などを指します。


Q見積り時より人数が減ったら料金は下がる?

A同じです。バス料金は1車両当たりの料金なので、例えば乗車が1名でも40名でも同じです。


Q車種が変わった場合、変更料や取消料はかかる?

A原則かかります。ただし変更時期や空車状況などによりかからない場合もありますので都度お問合せ下さい。


Qバス料金は当日支払いや後払いはできますか?

A原則、ご出発日前の当社の定めるお支払い期日までにお支払いをお願いします。官公庁、学校様のご依頼はお支払い期日のご相談承ります。


その他よくある質問はコチラ>>

7.まずは無料見積りをお試しください!

まずは見積りを見積りはもちろん無料です。項目に沿ってご記入いただくだけで、料金を回答差し上げます。

別コースができた場合もはじめの見積りをベースに再見積りいたします。

まずは一度お気軽に無料見積もりをお試しくださいませ。

幹事さんも安心「JLTA3つの安心」

安心安全 セーフティバス

その1:セーフティバス

当社で手配する貸切バス会社は、安全性評価認定のバス会社のみの安心手配。安心できる貸切バスを手配します。

安全性評価認定制度とは?

災害補償制度

その2:災害補償制度つき

当社は、近畿・東海旅行業連合会(KTT)総合災害補償制度に加入しています。万一の場合にお客様が補償・支援を受けられる仕組みです。

詳しくはコチラ

安心サポート

その3:安心サポート

行程のご相談や時間の設定、ご出発日までのフォローなど、安心してご出発できるよう当社が全力でサポートします。

安全性評価認定事業者とは?

JLTAが手配する貸切バスは安全性評価認定事業者のみの安心手配!

安全性評価認定事業者

安全性評価認定制度とは、貸切バス会社からの申請に基づき、公益社団法人日本バス協会が安全への取り組み状況について評価・認定を行い、認定事業者を公表する制度です。これは、利用者がより安全性の高い貸切バス会社を選択する一つの目安となります。

JLTAでは、「安全性評価認定事業者」のみを選定して手配。安心・安全にお客様を目的地へお運びできるよう最適な貸切バスを選定いたします。

総合災害補償とは?

万一に備えた安心補償付き!

OATA(協同組合 大阪府旅行業協会)は旅行災害補償制度を設けており、OATA正会員の当社も加入しています。

この制度はOATAが損害補償会社との間で災害補償を団体契約し、万一の場合にお客様が補償(ケガによる死亡・入院・通院時の見舞金など)を受けられる仕組みです。
補償内容について詳しくはお問合せ下さい。
※当補償の適用は20名以上の団体に限ります。


PAGE
TOP