貸切バス代金の目安

貸切バス代の目安

貸切バスの料金は「利用時間」「走行距離」「旅行の時期」その他の要素により算出されます。以下に、いくつかの時間、距離を例とした料金の目安を記載しましたでご参考ください。

※下記例は全て貸切バス代のみの料金です。それ以外にかかる諸費用は別途必要となります。(高速道路代、駐車場代、宿泊の場合の乗務員の宿泊代や食事代など)

※手配時期やバス会社により下記料金範囲を上回る、もしくは下回る場合もございますのであくまで参考としてご覧ください。

貸切バス無料見積もりフォームはコチラ>>

①利用9時間、走行距離200kmの場合

車種 席数 料金(消費税別)
大型バス 40~ 90,000~130,000
中型バス ~27 80,000~110,000
小型バス ~20 75,000~100,000

例:8:00発~目的地9:30/15:30~17:00着

日帰り利用に多い距離・時間帯です。日帰りで少しだけ離れた施設へ赴き、現地滞在時間もほどほどに確保すると、大体上記と似たような距離にあるコースになります。

②利用4,5時間、走行距離50kmの場合

車種 席数 料金(消費税別)
大型バス 40~ 70,000~90,000
中型バス ~27 60,000~80,000
小型バス ~20 60,000~80,000

例:9:30発~目的地10:00/13:30~14:00着

数時間の施設研修などに多い距離・時間帯です。一つ二つ離れた市町村にある施設へ行くような短距離コースです。

③片道2時間、走行距離片道50kmの場合

車種 席数 料金(消費税別)
大型バス 40~ 120,000~160,000
中型バス ~27 100,000~140,000
小型バス ~20 90,000~130,000

例:
1日目:7:00発~現地9:00着
2日目:16:00現地発~18:00着

1泊2日の研修旅行などの送迎パターンです。1日目お送り後バスは一旦帰庫し、2日目の午後にまたお迎えに上がるという形です。行先によりますが、実車にかかる高速道路代のほかに往路と復路でそれぞれ回送にかかる高速道路代が別途必要となります。送迎という形のため往路と復路のお日にちが離れても料金は変わりません。

③-2 片道1時間、走行距離片道30kmの場合

車種 席数 料金(消費税別)
大型バス 40~ 90,000~100,000
中型バス ~27 80,000~90,000
小型バス ~20 70,000~80,000

例:
往路:7:00発~現地8:00着
復路:16:00現地発~17:00着

近距離間での集合場所~現地間の送迎パターンです。往路お送り後バスは一旦帰庫し、復路にまたお迎えに上がるという形です。現地滞在時間があまりに短い場合や現地と車庫の距離がかなりある場合は、待機させた方が安くなりますが、例えば行先が近距離で、現地滞在が一定時間以上あるような場合は一度帰庫させた方がお得な場合があります。現地待機と帰庫させるのとどちらがよいか迷うときはお聞きくださいね。

貸切バス料金を安くするコツ

貸切バス代を安くするコツ見積もり用の行程を作る際、時間はできる限り正確に計算してください。例えば、片道1時間半のところを余裕をもって2時間として行程を組んだ場合、往復で1時間延びることになります。それだけでバスの料金は¥5,500~8,800ほど上がります。

もちろん当日イレギュラーなこと(例えば渋滞や急なトイレ休憩)で延びてしまうこともあるでしょう。ただそれについては、バス会社側がいただいた行程を見て検討し考慮したうえで料金を出すので、お客様側で考慮していただく必要はありませんので通常想定されるジャストの時間を記入するようにしましょう。ただし施設のスタート時間が決まっている場合などは逆に余裕が必要なので「○○時必着」と必ず記入してください。

貸切バス無料見積もりフォームはコチラ>>